脱「貼り付いた海苔眉」!眉のお手入れのしかた!🈲永久保存版

みなさんこんにちは☔️
メイクアップアーティストのRyuhoです😊

台風が近づいているということもあり、秋雨前線と言うのでしょうか、1週間ぐらい雨が続いております💨

そして急に寒くなりました💦
風邪などひかないように気をつけましょう🤣

さて、今回も「眉」についてお伝えしていきたいと思います。


前回の記事⬇️


今の時代の理想の「眉」についてお伝えさせて頂きました☝🏻

今回もその続きで、「眉」の整え方についてお伝えしていきます。


眉を整えることはほとんどの方にとって、身だしなみとして習慣になっていますよね。

しかし、理想の眉を目指して整えている人もたくさんいると思うのですが、なかなか上手くいかないっていう人も多いのではないでしょうか?

それはなぜかというと、ほとんどの人が、自然な自眉を活かすことが出来ずに、いじりすぎてる人が多いからです。


僕自身も眉の相談を受けた時に、9割の方に言っているのが「まず自眉を生やしてください」ということ。


みなさん、いじりすぎです(笑)


実は、手入れするのはほんの数本でOKなんです。

しかも、切ったり抜いたりしなくてもいい人もいます。

「必ず切ったり抜いたりしないといけない」という固定概念にみなさんとらわれすぎです💧

なので、まずはそれを知りましょう。

これが1つ目のポイントです☝🏻



そして2つ目のポイントは、

手入れをする時に、「鏡を引く」こと。

顔全体を見ながら、眉の手入れをしてください。

じっくり眉だけを見つめないことです。
(みなさん鏡からお顔が近すぎますw)


①眉が密集しているところから、濃くて太い毛は抜く

②ものすごく飛び出している剛毛だけ切る

この2点だけです。

少し薄くなってまた密集しているところもあると思いますが、それは全部剃らずに残しておきましょう。

長さを揃えることもしないで、眉の周りの産毛も全部そのままにします。

眉にコームを当てて同じ長さにカットする人もいますが、毛というのは本来、毛先にいくにしたがって細くなるものです。

この毛先にいくにしたがって細くなっていってるということが、トレンドの「ふんわりした柔らかさのある眉」を作り出すのです☝🏻

なので、ズバズバ切っている眉は、硬く、強い印象になります。
(そうしたい方はOKですが、その場合は他のメーキャップポイントなども調和を取らなければイメージがブレます)


そして、眉毛は産毛が集まって作られています。

いきなり眉が生えているのではなく、産毛から眉になっていくのが自然です☝🏻

ということは、産毛を全部剃ってしまったら、「貼り付けた海苔」みたいになって、不自然になります。


相談をお聞きするたいていの人が、ほぼ全部眉がなかったり、眉頭だけしかなかったりと、そういう人、自眉が少ない人ほど描くのが難しいと言ってこられます。


もちろんです(笑)

だってないんですから(笑)


眉を生やせば、描くのも簡単だし、メイク時間も短縮されます。


なので、前回もお伝えしましたが、まずは「しっかり生やしてみる」というところから始めて頂ければと思います☝🏻


次回も「眉」シリーズ続きます!w

今日も最後までお読み頂きありがとうございました🙏🏻😊

ではまた次回!
 



*youtube番組「男がメイクして何が悪い」大好評配信中。

*毎週水曜日夜23時、インターネットラジオRadiCro内にて「リュウちゃん寝る!?〜美容師の寝言〜」絶賛オンエアー中。

ぜひチェックして見てください🙏🏻