化粧下地を狙い撃ちして数歳若返る方法㊙️

みなさんこんにちは😊
メーキャップアーティストのRyuhoです🙌🏻

暑い日が続きますが、(この日は台風5号直撃の日w)いかがお過ごしでしょうか?

紫外線対策ももちろんですが、熱中症にも気をつけましょう💁‍♂️


さて、今回は前回お伝えした「化粧下地」についての続編です☝🏻


まずは前回のブログでおさらい⏬




はい、というわけで、下地は2種類使うのが最強説です👌🏻


まずは今回は1種類目の、「肌色を補正する下地」のご説明します☝🏻
 
「肌色を補正する」ということは、当然色味が入っている下地を使います。
 
「肌色が悪く見える」「疲れて見える」というのは、前回もお伝えしたように、肌が「くすんでいる」場合です。

この「くすみ」を飛ばすことによって、色素補正をするのですが、その色は何色かと言いますと、


ピンク系


です。


これは、単に「暗いところを明るくするため」というのではなく、色の色彩学という理論によって成り立っています。

いわゆる「補色」です。

ヘアカラーでも用いられるこの理論は、その色の反対色をぶつけて色を打ち消すやり方で、「くすみ」というのは、基本的に緑、青になります。

そしてその反対色はピンク系になります。


なので1つ目は、

「ピンク系の下地」

を使いましょう。


そして、前回のブログでもお伝えした通り、「目のまわり」はもちろんのこと、口元やその他もくすみが気になる所があれば、そこを狙い撃ちします。


塗り方はとても簡単で、少量を指先に出し、ちょんちょんと目のまわりに乗せ、指の腹でササッと伸ばすだけです。

この時に注意していただきたいのが、ピンクの色が強く出ないように、薄くムラなく伸ばしてください。

丁寧に伸ばし、白浮きしないように気を付けてください。


そのあとに、ファンデやアイメイクを乗せますから、一発でいかないように。


これだけでパッと表情が明るくなって、印象が全然違います。


数歳は若く見られることでしょう🙆‍♂️


ぜひ、意識してチャレンジしてみてください☝🏻


次回はもう一つの下地、「メイクを崩れにくくする下地」をご紹介します。


ではまた!!




*ご感想、ご質問、お悩みなど承ります。
下記LINE@より登録、ご質問ください💁‍♂️