1番効率の良いファンデーションのつけ方

みなさんこんにちは!

さて、今回は待望の(?w)僕のリキッドファンデーションのつけ方についてお伝えしたいと思います😊

以前の記事で、肌が綺麗に見える魔法のゾーンをお伝えしましたね☝🏻
まだご覧になっていない方はこちらをチェックしてみてください↓
http://lineblog.me/ryuho/archives/341013.html

実はこのファンデーションのつけ方は様々で、本当にいろんな方法があります。

そして、その全てが正解で、間違ってるということはありません。

僕が一般のお客様にオススメしている方法は、ナチュラルメイクを前提としていますので、そこから1番いいと思う僕なりの方法をお伝えしたいと思います。


おさらいです☝🏻

僕はツヤ肌を目指すナチュラルメイクをする場合、リキッドファンデーションしか使用しません↓
http://lineblog.me/ryuho/archives/332709.html

そこから、上記の肌が綺麗に見える魔法のゾーンをまとめると、、、

①まずはこのゾーンに指で叩き込みます。出来るだけ「薄く」を何度も重ねて叩き込んでください。

ここは時間をかけるのです。

狭い範囲なので時間をかけると言っても知れてると思います。

薄く薄くを何度も叩き込みます。

ミルフィーユをイメージしてください☝🏻

何層にも重ねるイメージで、叩き込んでいきます。

それを左右やります。

その人の肌にもよるのですが、3〜5回ほど重ねたら、最後にファンデーションパブでそのゾーンをもう一度蓋をするように軽く叩きます。


終わりです(笑)

みなさん、「ええっ?」と思うかも知れませんが、実はこれで十分なのです(笑)

あとは、パフに残ったファンデーションを全体にムラなく馴染ませてください。(塗るという感覚ではなく)

それで本当に終わりです。

なぜか?

みなさん考え方を少し変えてください。

ここが今回のポイントです☝🏻

ファンデーションを綺麗に隙間なくきっちりと、しっかり塗って、仕上げたとしましょう。


そしたらどうですか?

実は「平面」に見えてしまいます。

のっぺりした感じ(笑)

僕がお伝えした「魔法のゾーン」にだけ、しっかりファンデーションをつければ、必ず綺麗に見えます。

「そんなはずはない」と、みなさん思うかも知れませんが、本当です(笑)

みなさんいいですか?

「いや、ここのシワが、ここのシミが、ニキビ痕が...。」

わかります。

だけど、あなた以外、みんなそんなところは見てません(笑)

他の人が近くでジーッとお顔を見て、やっと気づくレベルです。

それと、以前お伝えしたように、人は正面から人を見ることはあまりありません。

「でもそれだとツヤが出ないのではないの?」と思われる方もいるかも知れませんが、最大のテーマである「ツヤ感」は、ファンデーションだけで出すものではありません。


なので、「いや、そんなはずはない!」と思われる方は、騙されたと思って一度試してみてください☝🏻


ただ、必ず魔法のゾーンには、時間をかけてファンデーションをつけていってくださいね😊


それが出来ればファンデーションは制したようなものです(笑)


今回は長くなりましたのでこの辺で🙌🏻

今日も最後までお読み頂きありがとうございました😊

次回は、「ツヤ」と「テカリ」の違いについて、お伝えしたいと思います☝🏻

また次回もお楽しみに!!