美人の条件は、「白い肌」から「ツヤのある肌」に変わった

今回はベースメイクについて、少しお伝えします。

まず、皆さんが悩まれているファンデーションの選び方ですが、「美白」や、「白い」と言う言葉にとらわれないようにしましょう。

日本では、昔から「白い肌は美しい」という考え方があるので、なんとなくみなさん美白を目指すと思いますが、本当にそうでしょうか?

僕は、むしろ大事なのは「ツヤ」だと思っています。

どんなに白くても、カサカサだったらどうでしょう?テカリがあったらどうでしょう?

それよりは黄色くてもツヤのある肌の方が、健康的で美しいと僕は思います。

美肌のポイントはツヤがあるかどうかです。

なぜ白さを求めるかというと、肌に透明感を求めるからだと思います。

その透明感は、やはり白さではなくツヤ。

日本人の肌はもともと黄色がほとんどですから、そこに白さを目指してベースメイクしていくと、白浮きしたり、首の色との違いが出すぎてしまって、かなり不自然になります。

もともと色白の人でも、白い肌をさらに白く見せると、作った感じが出てしまいます。

自分の肌の色を理解した上で、ツヤを出すことを意識し、透明度を上げていくことをオススメします。

その場合、今回1つだけポイントをお伝えします。

ファンデーションの明るさでどちらを購入するか迷った場合、暗い方を選んでください。

これについては、次回詳しく説明します🙌🏻😏

ツヤ感があれば、色の白さ以上に「若々しい肌や、「なんとなく綺麗な雰囲気」を出すことができますよ!!!

今日はこの辺で🙌🏻

ではまた、次回もお楽しみに!