今回の撮影を取り組むにあたっての新たな挑戦

今回の撮影について自分自身で決めていた新たなテーマは、

「いかに素の状態の女性を撮影するか」

ということにこだわりを持って取り組みました。


撮影をするにあたって最近感じていたことは、自分の作品や他の美容師さんの作品を見ていると、「撮影」ってなるとみんな気合いが入るのか、頭が大きなスタイルが多い。

なんか全身でもバストアップでも、ヘッドの比率が大きい気がする。


でもね、可愛い。


なぜか?


基本、「頭でっかち」って可愛いんです。

赤ちゃんって可愛いですよね?

頭が大きいからです。

○頭身って言葉がありますけど、2頭身に近づくほど基本、可愛いんです。

極端な話ですけど、分かりやすいですよね(笑)


少し専門的な話をすると、ボリュームの調整です。前はボリュームがあればあるほど可愛いとされてきた。

だから美容師さんの撮影ブームも、それが良しとされてきたし、

それを見たお客さんも、可愛いって思って共感してくれました。


でも、なんかリアルじゃないなって感じた。


撮影前に仕込みにめっちゃ時間かけてやることも。(クリエイティブな作品撮りは別)

とりあえず巻き巻きするとか。


髪の毛って基本、動くもんやからね(笑)

普段動いてて普通やのに、いかにぴっちり止まってるように撮影するかって変じゃない?


実は、最近はお客さんもなんとなくそれに気付いてる気がする。

というのも、サロンで自分を支持してくれるお客さんも、ヘアカタログを見せてきて「こうしてほしい」って言うより、

ファッション雑誌の1部分を見せて、「こんな感じしたい!」って、言われることが多くなった気がする。

(美容師さんなら同じような経験されてはる人いると思う。)


そこで、自分もREALを追求した撮影に挑戦してみようと思いました。


撮影テーマは「Realism」


分かる人には分かる、ギリギリのラインを狙っています(笑)


またホームページ等にフォトはアップされると思うので、チェックしてみてくださいね♪


今回の撮影で、ご協力頂いたモデルさん、フォトグラファー谷口さん、STELLAスタッフ、五木田社長、ありがとうございました!





・・・、とりあえず1作品だけ(笑)


Hair  Ryuho  

model  Miku Aono

photo  Kazuhisa Taniguchi